歯列矯正をする方法、あれこれ

2013年12月20日

歯列矯正をするといっても、歯の並び方の状態や年齢、口の大きさや患者の希望などによって、いくつかの方法の中から最適なものを選ぶことになります。

歯列矯正の種類として、最も一般的な方法はマルチブラケット法と呼ばれる方法で、歯にワイヤーを通して徐々に歯を動かしていき、歯並びをよくするというものです。

見た目ではの矯正中ということもすぐわかりやすい一方で、治療費は最も安く、治療期間も比較的短くて済むというメリットがあります。

また、リンガルブラケット(舌側ブラケット)法というものもあります。

これは、裏側矯正(舌側矯正)をする際に使用します。

歯の裏側に装置を付けるため見た目ではの矯正中ということがわかりにくいのですが、新しい技術のため、対応している医師が少ないということがあります。

さらに、マウスピース矯正法もあります。

これはマウスピース型の矯正装置をすることで、歯を少しずつ動かしていく方法や、インプラントなどの方法があります。

#矯正の目的